世界征服の裏側

アクセスカウンタ

zoom RSS 四国リベンジ!の旅(長寿庵)

<<   作成日時 : 2016/05/18 00:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

四国カルストの東端にある「天狗荘」前を通り、県道48号に入り、山を下っていくと、霧はだんだん晴れていったが、雨と悪路は相変わらず。
しかし、ここまで来たら今日のお宿「長寿庵」まではもう少しだ!

ピッキー:この辺だと思うんだけどな。
まる子:あ、看板見つけたよ。


画像
「長寿庵 すぐそこ」?

マコ:地方独特の急坂だな。ここ車入れておいて「後から駐車場は別の場所にあります」とか言われるのイヤだな。
ピッキー:分かりました。ワタクシが事前に特攻します。

車のドアを開けてダッシュで特攻に向かうピッキー。

…が、待てど暮らせど戻ってくる気配なし。

Pi-子隊長:坂道のすぐ上に宿があるかと思ったんだけど、実はこのもっと上にあるんじゃない?
マコ:あり得る。ちょっと見てくるか。(バタン ←車のドアを開ける音)

ワンワンワン!

横の家に繋がれた犬が2匹。
長寿庵の犬なのか、それともご近所さんなのか?

マコ:ワンワンワワン?(長寿庵はもっと上にあるのかい?)
犬たち:ワンワン、ワンワン。(そうそう、まだまだこの先、だいぶ上にあるよ)


車に戻ってきたマコちゃん。
マコ:今、犬に聞いたら、だいぶ先みたいだから車で行ってみよう。
Pi-子隊長:そうか、犬語ができて助かったな。

車で上っていくと、途中でピッキーに遭遇。
やはりけっこう先だった。

無事「長寿庵」に到着。

画像
民宿 「長寿庵」

14時…思いがけず早めの到着となった。(本来、チェックインは15時〜)
Pi-子隊長:お世話になります、チームアドベンチャーです。
女将:ひどい天気で心配しちょったんだけど、早めに着いてよかったわぁ。
番頭:いらっしゃいませ、本当、暗くなる前に来られてよかった。


玄関を入ると女将さん、番頭さん、そして一畳サイズの囲炉裏が出迎えてくれた。
女将:今日はタイヘンじゃったがよ。荷物置いたらお茶入れるから、囲炉裏のところにきて。

画像
囲炉裏

番頭さんに室内を案内していただき、荷物を下ろすと、囲炉裏を囲んで暖かいお茶をいただいた。
マコ:いや〜、本当タイヘンでした。上は霧で真っ白で。
まる子:仕方ないです、歩く爆弾低気圧が一緒にいるので。

Pi-子隊長:まる姐さんの言っている意味が分からんな。

「長寿庵」は なんと築250年の古民家。
話を伺うと女将さんのお父さんが購入したものを受け継いで民宿を始められたのだとか。
「田舎暮らし体験民宿」なので、ただ代金を支払って食事を食べて寝る、というのではなく、女将さん&番頭さんと語ったり、田舎暮らしを学ぶということがコンセプトの民宿。
なので、宿泊客は一日一組(2〜7人)限定ということです。

番頭:お風呂の焚き付けに行きゆうが、よかったらご覧になるがでか?うちは五右衛門風呂やき。
五右衛門風呂…見たい見たい!

画像
五右衛門風呂焚き付け体験

番頭:雨が降ってなければ、薪割りやら風呂に浮かべるよもぎ採りも一緒に行こうかと思ったがやけど、残念じゃったね。
本当に残念!

囲炉裏に戻ると、女将さんが今日の天ぷらに使う材料を見せてくれた。

画像
今日の天ぷら材料

カボチャ、なす…は まぁ、普通。
手長エビ、ぜんまい、藤の花、ユキノシタ、クズの目…など。

Pi-子隊長:ユキノシタ…天ぷらにするんですか。これ、小さい時に家にあって、祖母が歯が痛い時に「これを噛め」と言われて記憶があって…ユキノシタが悪いワケじゃあないけど、歯が痛い時のことを思い出すんですよね。
いわゆる「パブロフの犬」ってヤツで
ユキノシタ、生薬名をコジソウ(虎耳草) と言い、生葉の絞り汁を脱脂綿に含ませ、耳穴に詰めると中耳炎や耳垂れが治るんだそうです。
女将:そうなが、天ぷらにするとほのかに甘みがあっておいしいのよ。
それは楽しみ。

番頭:お風呂が沸いたよ。
五右衛門風呂は人生初だ。

画像
五右衛門風呂

底の部分は熱いので、浮いている板を踏んで入る。
昔、漫画で板をフタだと思ってとって、中に入ったら「あちち」と飛び跳ねる…なんての見たことあるけど、あれはかなりオーバー。
じっと立っているには熱過ぎるかな、という程度。
とはいえ、ガンガンに炊いている時なら本当に火傷するかもね。
バランスよく板を踏んでいないと(板が)浮き上がりそうになるから、ちょっとコツが必要です。
ヨモギをつめたバッグを枕にして湯船につかると香りも楽しめてリラックス。

お風呂から上がると自家製梅酒をいただき、少しすると夕食の時間に。

画像
お膳 見た目も味もGOOD

画像
お膳その2 ヤマメの甘露煮など

画像
手長エビと藤の花の天ぷら

画像
ぜんまいとユキノシタの天ぷら

画像
なすとニンニクの芽の天ぷら

女将さんの手作り料理おいしい!

女将:ビール飲む?日本酒もあるがよ。
マコ:ビールはいただきます。
ピッキー:日本酒は酔いそうだな。
まる子:でも、ちょっとコレでいただいてみない?


画像
コレ…はと燗(カン)


形が鳩に似ているのでそう呼ばれているようです。(鳩徳利とも)
囲炉裏や火鉢の灰の中に斜めに差して、燗に温める民芸酒器で、遠赤外線でじっくり温めるとまろやかな口当たりのお燗が出来上がり!
番頭:せっかくながで土佐の酒がえいろう。土佐鶴、司牡丹なんかあるでよ。

画像
囲炉裏の火に直接くべます

さっそくお酒をはと燗の中に入れ、囲炉裏で熱燗に。
まる子:あ、本当、おいしい。

画像
砂肝も もちろん囲炉裏で

画像
うまい〜!

最後に砂肝の焼き鳥が出てきて、これまたおいしくいただきました。
夕食後も囲炉裏端で女将さんと語り合い、23時に就寝でした。

← もどる  すすむ →

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
四国リベンジ!の旅(長寿庵) 世界征服の裏側/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる