14年ぶりの湯河原 GENSEN CAFE

バスの中にて
ピッキー:この後どうしようかな。
Pi-子:帰りの電車何時だっけ?
ピッキー:17時。
Pi-子:今、14時だから、あと3時間。ゆっくりできそうな、できなさそうなビミョ〜な時間だね。でも、湯河原まで来たからにはちょっと温泉も入りたいなぁ。
温泉は無理だとしても、せめて足湯ぐらいは…

そういや、前にサダちゃんに連れて行ってもらった足湯(独歩の湯)もあったな。
あそこも良かったけど…(携帯で検索中)

ピッキー:腹も減ったし、とりあえず駅周辺で飯食ってから考えるか。
Pi-子:あ、ご飯だったら、ここ行ってみたい。
ピッキー:駅から近いのか?
Pi-子:いや、駅でバスに乗り換えて反対方向に行かないといけないよ。
ピッキー:オレは他に行きたい所もないからいいぞ。

湯河原駅で「不動滝」行きのバスに乗り、途中「藤木橋」で下車。
ピッキー:バス停からは近いのか?
Pi-子:いや、10分ぐらい歩くみたい。
ピッキー:けっこうあるな。

F3CD0A12-68E2-4F27-8216-4E198C0CDCC2.jpeg
鄙びた温泉街風情のある坂道

バス停から、鄙びた温泉街風情のある坂道(かなり急坂)を上って歩くこと約10分。
Pi-子:ここだ。

C5980BB8-77CD-4450-8666-0353B8BBC495.jpeg
GENSEN CAFE入口

めっちゃ坂道を上って到着しました!(ゼェゼェ)
ピッキー:RYOKAN(旅館)って書いてあるぞ。
Pi-子:旅館も併設しているカフェなんだよ。

914AAD29-8253-4A8E-A84C-CCBCFA5DAEB1.jpeg
千本鳥居風の入り口

かなりインバウンドを意識しているのか、現代的な和アート的です。

スタッフ:いらっしゃいませ。温泉ですか?お食事ですか?ご予約はされていますでしょうか?
Pi-子:あ…予約はしていないです。カフェを利用したいのですが、予約がないとダメでしょうか?
せっかくあの急坂を上ってきたというのに…

スタッフ:今は空いてる席がございますで、大丈夫です。こちらへどうぞ。
よかった。
後からWEBを見てみたら「予約制」とありました。
この時は幸運にも空いていたので入れましたが、事前に予約をしておきましょう。

お店の中には

085954BC-5828-4F59-866D-43E0BC1E427D.jpeg
こっちにヨギボー

02F6D9E6-5517-4C44-BCAF-B6B6CD93C604.jpeg
あっちにヨギボー

77119487-C5B0-429B-9AB0-8F4B9577747B.jpeg
ヨギボーだらけ。

もっともそれが目当てで来たんだが。

説明しよう!
「Yogibo(ヨギボー) 」とは米国発の「快適で動けなくなる魔法のソファ」として、SNSなどで話題になり、2014年に日本に上陸。
固すぎず柔らかすぎず、普通のビーズクッション よりも体がぴったりはまるので、立ち上がる気力を失う人が続出し「人をダメにするソファ」と称されるほど。

Pi-子:やっぱり、いいねぇ、ヨギボー。歩いたから眠くなって来た。
ピッキー:Pi-子は何もしなくても眠いんじゃないか。電車の中でもずっと寝てただろ。
Pi-子:うるさい、寝る子は育つんだよ。
ピッキー:横にね。
人のこと言えないくせに

12909195-174B-400A-923C-4DF5A30BCF35.jpeg
家か!?

DSC07579.jpg
ZZZZZZ…

しばしヨギボーでまどろんでいるとオーダーした食事が運ばれてきた。

DE30ED97-CAA4-4917-A0DC-B8C8A636FCDC.jpeg
Pi-子オーダーの湯ごもり茶漬け・焼き魚セット

DSC07585.jpg
ピッキーオーダーの湯ごもり茶漬け・牛のしぐれ煮セット

ヨギボーと美味しい料理でまったり。

でも…
Pi-子:やっぱり湯河原まで来たからには温泉入りたいよ。
ピッキー:う〜ん、そうだな。15時半か。1時間ぐらいだったら、温泉入れるか。遅くとも16時半にはバスに乗ってるようにするよ。
Pi-子:了解。

一旦、カフェで食事の精算を済ませてから、旅館の受付で日帰り温泉代550円(2021年3月)を支払い。

この時、スタッフさんの説明で「湯河原温泉チルパック」という2300円(2021年3月)で温泉とタオル、浴衣、カフェ利用でワンドリンク、もちろんヨギボーでまったり可!という「手ぶらで温泉堪能コース」があるという説明を軽くいただいたが、前述の通り、それほど時間もないので、単なる日帰り温泉のみ。

事前に調べていたら…半日ヨギボーでまったりできたのに!?

01F1F8B2-E97F-4D80-A532-E17F47D5AA72.jpeg
温泉入り口

592C6B16-1202-49C0-A85B-A40DD6FFFD89.jpeg
THE ONSEN

温泉は、加水・加温なしの100%源泉!
そうか、カフェの名前もそのまま「GENSEN CAFE」だっけ。

0D053860-B012-4B9C-BBE7-547C27A39064.jpeg
温泉といえばやっぱり富士山

日帰り温泉料金、リーズナブルなのにアメニティが充実しており、大変満足。
温泉も適温&快適、湯上がりお肌スベスベ、10歳ぐらい若返った気がしました。

唯一残念だったのに湯上がり、ゆっくりとはしていられなかったこと。
それはこちらの都合ですけどね。

時間がなかったので今回は連絡しなかったけど、サダちゃんとユタカさん、元気かな?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント